新型うつ病という病名を一度は聞いたことがあるかと思うのですが、この新型うつ病とは、どういった鬱状態のことを言うのでしょうか?近年、マスコミで取り上げられるようになった「新型うつ病」。2007年あたりから、20代から30代の若い世代の間で患者が急増し、比較的認知度も高まっているのです。しかし、誤解されることが多い疾患で、病気では無くて甘えなのではないかと言う世間からの厳しい声もあるのです。その誤解の一つとして、新型うつ病という病名そのものは存在しないといったことが挙げられます。うつ病は、症状や病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)になる過程によって、大きく4つに分類(素人には全く意味がわからないことも少なくないでしょう)されるだとされているのですが、新型うつ病は、そのうちの二つに当てはまると言われています。そのため、新型うつ病は、典型的なうつ病とは大きく異なり、診断が容易ではなく、治療方法も明らかに定まっていません。典型的なうつ病の場合、真面目で完璧主義な人がかかりやすいとされています。でも、新型うつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症のきっかけによる別名もあります)の場合、仕事中だけうつ状態になって、帰宅後や休日の間は普段通りに活動行うことが可能です。また、日常生活や仕事、人間関係がうまくいかなくなった原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)を周囲の環境や他人のせいにする傾向が強いとされています。特に職場でその傾向が顕著に見られて、うまくいかなくなると会社や上司のせいにしてしまうではないでしょうか。その上、何をしても楽しいと感じられない典型的なうつ病と比較すれね、新型うつ病(なかなか自分では自覚できないため、治療が遅れてしまうことも多々あります)の場合は、自分が興味や関心があることについては、楽しいと感じることもできます。このように、新型うつ病(朝が特に症状が強く、夕方以降は少し楽になることもあるようです)は、これまでの典型的なうつ病と真逆の症状を示すことが多く見られるのですー